頭皮頭髪の異常は皮膚科受診へ

目安時間:約 4分

多量の抜け毛、頭皮のかゆみ、湿疹、多いフケ、皮脂過多。

そんな頭皮・頭髪の異変に気が付いたら、まずは「一般の皮膚科病院」を受診することをお勧めします。

頭皮はもちろん、頭髪は基本「皮膚科」の管轄です。

 

しかしながら、皮膚科で男性型脱毛症AGAについての知識がある病院は少ないかもしれません。

健康保険が適用できないせいか、AGAの治療を行わない病院の方が圧倒的に多いです。

治療しないなら、医師は治療の知識を得ておく必要がありません。

 

では、なぜ「まずは皮膚科」を勧めるのか?

 

AGAと思い込んでいても「違う病からの脱毛症」である可能性が捨てきれません。

内科的な病が原因で発症する脱毛症もあります。

 

「男性型脱毛症です」と診断されたら、自信をもって「育毛クリニック」のドアをたたきましょう!

 

なんらかの皮膚病などを患っていた場合は、そのまま健康保険診療で治療しましょう。

万一、AGAと併発していたとしても、まずは皮膚病の治療をしないと育毛クリニックで治療が始められないケースもあります。

AGAの進行が心配な場合は、育毛クリニックにコンタクトをとり、皮膚科で診断された「病名」を告げて相談します。

皮膚科治療が優先か、AGA治療と同時進行が可能か、答えがもらえるはずです。

 

 

脱毛する病で主だったものを簡単に紹介します

 

炎症性脱毛症

これは通常は脱毛するほど悪化させる人はとても少ないです。

しかし、重いケースだと頭皮がただれて赤く変色し、脱毛に至る場合があります。

大きくは二つの皮膚炎に分かれます。

★脂漏性皮膚炎

マラセチア菌(誰でも持つ常在菌の一つです)が異常繁殖して、かゆみや湿疹フケの症状がでます。

菌が関わらないケースもありますが、頭皮に限らず皮脂過多な部位に症状が出やすいです。

頭皮の洗いすぎによる乾燥と皮脂過多、発汗機能が低下して起こる乾燥(運動不足やエアコンが影響)、偏食(糖質の摂りすぎ)による皮脂の酸化が原因の場合もあります。

★接触性皮膚炎

ジャンプー・リンス・育毛剤・整髪料・パーマ液・カラーリングなどの薬剤が原因のかぶれです。

 

円形脱毛症

自己免疫機能が毛髪を攻撃しはじめ、脱毛します。

★単発型=10円玉くらいのハゲが1~2個できるもので、通常は受診しなくとも自然治癒します。

下記のタイプは急ぎ皮膚科の受診が必要です。

★多発型==10円ハゲが十数個以上できてきます。

★蛇行型=後頭部や側頭部といった男性型脱毛症では症状がでない部位に帯状に蛇行するような形で脱毛します。

★全頭型=頭髪すべてが抜け落ちてしまいます。多発型が進行する場合と、まばら(瀰漫性)に薄くなり進行する場合とがあります。多発型を発症した患者の10人に1人に起こりうる重篤な症状です。

★汎発(はんぱつ)形=頭髪以外の体毛すべてが抜け落ちる最も重症な病です。

一部の育毛クリニックでは、円形脱毛症の発毛治療を行うところもあります。(汎発型は無理のようです)

 

その他

服用中の薬による副作用としての脱毛や、ダイエットなどによる栄養不足が原因の脱毛があります。

肝臓・腎臓・甲状腺の病、糖尿病、膠原病、動脈硬化で脱毛が生じることもありえます。

 

「まずは一般皮膚科へ!」の理由、ご理解いただけたと思います。

 

 


人気ブログランキング

使い分ける!「育毛クリニック」には3種類!

目安時間:約 6分

「育毛クリニック」とは、薄毛・ハゲ・脱毛症といった頭皮頭髪の症状を改善させる治療をおこなう病院です。

医師が診察し病名を特定したうえで、毛髪の再生を目的とした医療行為で、薄毛を治療します。

 

患者に医学的に効果が認められる、内服薬の処方や発毛効果の高い施術を行い、治療するのが「育毛クリニック」なのです。

医師は必要であれば血液や遺伝子の検査を行い、治療法を決め提案し、患者の健康状態も注視して治療を進めます。

医師(皮膚科医や美容外科医)のほか、看護師、クリニック(病院)によっては毛髪診断士が治療に関わります。

 

俗にいう「育毛サロン」「発毛サロン」と「育毛クリニックは」は全く違なる存在です。

 

サロン系に医師は勤務しておらず、ゆえに病院ではないため、医学的な治療をすることができません。

大手サロンでは「監修」と称して著名な医師の名前をあげるところもありますが、それだけでは医療行為や治療はできないのです。

様々な脱毛症に対応するような記載も見受けられますが、医師なしで誰が病名を診断し治療するのか謎です。

都度のカウンセリングや施術はエステティシャンか毛髪診断士(病名を診断できる資格ではありません)が行うのでしょう。

提供される様々な施術は、すべて医療行為ではありません。

 

「育毛クリニックは、医師が診察・診断・毛髪再生治療を行う病院です」

 

「育毛クリニック」又は「薄毛クリニック」と呼ぶ病院は、そのほとんどが「美容外科」か「頭髪専門」です。

まれに「皮膚科」として薄毛治療に取り組んでいるクリニックもあります。

 

 

「育毛クリニック」には大きく分けて3種類があります。

  • 頭髪だけを専門に扱う「頭髪専門クリニック」
  • 美容に関する広範囲の施術を行う中に「育毛治療」も入る「美容整形外科クリニック」
  • 一般皮膚科に「脱毛症外来」を併設して「育毛治療」を行う「大学病院」や「皮膚科クリニック」

 

共通するのは、3つのどのクリニックを選んでも、育毛治療は「健康保険適用外」だという事です。

その医療費は患者の全額負担です。

 

男性型脱毛症AGAは「痛い」「かゆい」といった耐えがたい症状が全くなく、命に別条がないことから、その治療に関して健康保険は適用されません。

そのような事情から分類は「美容」になります。

歯並びを美しくする矯正歯科や、美容整形と同じ扱いです。

 

では、最初にあげた3種類の「育毛クリニック」の違いを確認してみましょう。

私としては「頭髪専門クリニック」と「美容外科クリニック」に大きな違いはない気がしています。

発毛・育毛という部分では、皮膚科クリニックが現状維持に特化、他の二つは一歩進んだ毛髪再生治療も行います。

 

頭髪専門クリニック

頭髪に特化しているクリニックの方が専門性が高いのではないか?とも考えられます。

クリニックによって、行っている発毛治療の内容は異なりますが医学的な根拠のある治療を行います。

皮膚科・美容外科の両方の角度から発毛治療を行います。

内服薬や外用薬(塗り薬)による毛髪の現状維持治療のほか、毛根に直接働きかける毛髪再生治療を受けることが可能です。

脱毛の原因がAGAではない場合は一般皮膚科の受診を勧められるケースもあります。

 

AGAに関する検査や治療は健康保険適用外です。

 

美容整形外科クリニック

脱毛や美肌の治療を行うため、その方面からの経験と知識が育毛にも役立つのでは?とも考えられます。

こちらも、クリニックごとに医学的根拠のある独自の発毛治療を行っています。

皮膚科、美容外科の両方の角度から発毛治療を行います。

内服薬や外用薬(塗り薬)による毛髪の現状維持治療のほか、毛根に直接働きかける毛髪再生治療を受けることが可能です。

脱毛のAGAが原因ではなかった場合は一般皮膚科の受診を勧められるケースもあります。

 

AGAに関する検査や治療は健康保険適用外です。

 

皮膚科クリニック(脱毛症外来)

「大学病院の脱毛症外来」であれば、脱毛症全般の治療科学の最前線にあるといっていいでしょう。

ただし「脱毛症外来」のある大学病院は非常に少ないです。

AGAの特徴と異なる症状に思える場合など、他の皮膚病を疑うケースでは、心強い存在です。

 

育毛・発毛分野では「日本皮膚科学会のAGA治療指針」にのっとった治療を行います。

そのため、ミノキシジル外用(塗り薬)、フィナステリド内服(DHTの活動を抑える)が中心です。

AGAの進行を止め、頭髪を守る、治療となります。

薄毛治療薬は、使用をやめると、ふたたびAGAの進行が始まります。

 

また個人病院でAGAを診るところも少数ながらあります。

事前にAGA治療が可能か、ご確認ください。

 

通常健康保険適用可能な一般皮膚科でも、AGAに関する検査や治療は健康保険適用外です。

 

 


人気ブログランキング

育毛クリニックを選ぶ5つのポイント

目安時間:約 12分

「育毛クリニック」は高額だと思っていませんか?

実は、お薬だけなら「1か月に1万円以下」の治療費から、通院可能なのです。

健康保険適用外だと思うと「高額である」というイメージが定着してしまっているのかもしれません。

 

まずはいくつかの「育毛クリニック」のホームページをよくご覧になってみてください。

 

価格表を明記しているクリニックを見ても、ビックリするほどの高額な医療費とはいえません。

毛髪再生治療を受けるとなると、数十万円という価格になる治療もあるので、高く感じるかもしれないです。

(計算すると、内服薬を何年も続けるより安価になることが多いです)

私は矯正歯科で約120万円で歯並びを治しましたが、クリニックでの薄毛治療は、軽度のうちなら歯の矯正なみの高額治療費にはなりません。

しかし重度の磯野波平さん(誰だかわかります?)状態だと、100万円を軽く飛び越えてしまいます(;´・ω・)

 

まずはカウンセリングを受けて、みませんか?

 

最近の育毛クリニックは「無料でカウンセリング」が受けられるところも多いです。

カウンセリングでは、あなたの薄毛範囲の確認や適した治療方法の提案、そして治療費を計算してもらえます。

あなたの予算にあわせた、治療を決めることも可能です。

また、きちんとしたクリニックでは、強引に契約させられたりする心配もありません。

 

1人で悩まず、まずはカウンセリングへと、一歩踏み出して、行動に移してはいかがでしょう。

 

 

育毛クリニックを選ぶ5つのポイント

 

あなたが行ってみようと考えているクリニックが、この5つのうち、いくつ該当するか?ぜひチェックしてみてください。

 

また別ページにて「カウンセリングに行く前に確認すべきこと」「治療を決める際に注意すべきこと」の2点もを紹介しますので、併せて参考にしていただければと思います。

 

また、即決せずに、少なくとも2件は、カウンセリングを受けることをお勧めします。

しっかり比較して、もっとも信頼できると思ったクリニックを「自分で選ぶ」のが、一番です。

 

 

  • ホームページに料金が明記されている
  • ホームページで各施術の説明がある
  • 内服薬以外の毛髪再生治療も可能である
  • 男女ともの薄毛治療をおこなっている
  • 医師がカウンセリングをおこなう

 

では、なぜ私がこの5つのポイントを挙げたのか?

1つずつ、ご説明します。

 

ホームページに料金が明記されている

しっかりしたホームページを持ちながら、各治療の料金を明記しないのは、なぜでしょうか?

 

同じ施術でもクリニックによって料金は異なってきます。(自由診療なので一律ではありません)

最安値のクリニックと比べると、倍以上の料金設定をしているクリニックもあります。

ホームページ上に料金を明記していない理由は「他と比べて高額なので、あえて書いていない」と思われても仕方がないのではないでしょうか。(あくまでも私の想像と感想です)

 

ただし、薄毛の進行具合や体質・年齢によって治療範囲も、勧められる治療も、施術回数も違ってきます。

表示の仕方もクリニックによって様々で患者側もしっかり確認しながら見るべきです。

「1か月で〇円」「1回で〇円」「初回〇円・2回目からは〇円に値上げ」や「施術範囲での料金の違い」もありますから、比較してみる際は、注意すべきです。

 

クリニックの良し悪しは価格だけで判断できるものではないので、総合的に考えたいところです。

 

ホームページで施術の説明がある

料金と治療名だけを示されても、患者には「何を使った」「どのような治療」で「どんな効果を期待して行う治療」なのか分かりません。

 

ホームページにおいて、治療についての説明が患者に分かり安くなされているかどうかは「患者に寄り添うクリニックなのか?」を判断するポイントの一つです。

説明があっても、専門用語をふんだんに盛り込んで「読んでも全然わかりません」というクリニックは避けたいです。

足を運んだところで、患者に分かるような説明をする気があるのだろうか?と不安になります。

 

クリニックによっては治療に使う器具の写真や名前も紹介されています。

患者が治療に不安を感じながらクリニックを探していることを理解していればこその配慮と思われます。

なおかつ、誰でも閲覧可能なホームページですから、専門家に見られても問題ないという自信も感じます。

 

内服薬以外の毛髪再生治療も可能である

そもそも内服薬の主だったものは、服用している間だけ、現状維持または発毛を促す、というものです。

服用をやめると、薄毛はまた進行します。

それは薄毛の治療している、といえるのでしょうか?と、私は考えてしまうのです。

 

内服薬には副作用があるものもあり、何年も飲み続けることは、できるだけ避けたいと考えている医師も多いようです。

 

毛髪再生治療では、症状によっては初めに内服薬で進行を止め、かつ早期の発毛を促したうえで、その毛髪を太く育む治療を進め、内服薬は徐々に止めていく、というプロセスをとることもあります。

安定したら治療を終え、あとは1~2年に1回程度の検診やケアをしていくというのが、とても理想的な治療です。

 

「月に一回、窓口で内服薬を受け取るだけ。誰にも会わず安心です」というクリニックには通院したいとは思いません。

患者の健康チェックもしないのは、患者の羞恥心を利用した手抜きのように感じてしまいます。

 

症状が軽く、歳も若い、頭髪以外は健康そのもの、というケースや、患者の治療予算の問題、婚活や結婚式などに合わせて一時的に頭髪があれば良いという目的などであれば、内服薬や塗り薬だけを勧めるという可能性はあるかと思います。

 

男女ともの治療をおこなっている

「男の薄毛は男専門でなければ!」という人の考え方には、とても説得力があります。

 

でも、ちょっと違う考え方もありです。

 

女性の脱毛は原因が多岐にわたり、原因の特定が男性の場合よりも困難です。

つまり男女ともに診ているクリニックは様々な症例を経験していると考えられます。

全国規模の大手クリニックでは、男女別クリニックで展開している場合があり、症例を共有しているようです。

 

クリニックを受診する薄毛に女性で最も多い原因は「男性型脱毛症(FAGA)」です。

加齢による女性ホルモンの減少が原因です。

女性の場合は男性のAGA治療とは異なるアプローチでの治療が必要となります。

 

男性で持病や副作用から内服薬が使えない、また体質的に内服薬が効かない場合でも、女性に施す治療方法で対応していけるということです。

 

医師がカウンセリングをおこなう

通常のクリニックは、無料カウンセリングの段階では医師に会えないのが一般的です。

 

普通は、カウンセラー(毛髪診断士又はセールス専門スタッフ)が、症状の確認や代金などの説明をして、患者が治療を希望すると、医師による初診へと進むことができます。

薄毛治療は健康保険適応外で患者が一番気になるのが医療費であること、医師がより多くの時間を治療にあてるため、そんな事情もあるのかもしれません。

 

たとえば二重まぶたのプチ整形をするのなら、無料カウンセリングで先に価格説明をされるのは、良いシステムです。

しかし、薄毛治療とプチ整形が、同じ流れでのカウンセリングなのは、私は少し心細い気がします。

 

私自身は、最初に診察料を払ってでも、医師に判断してもらいたいタイプだから、なのかもしれません。

毛髪診断士が診ながら治療法と代金の説明をしてくれると印象は良いのですが、自分の進行度すら分からない状態でセールス専門員のトークを先に聞くのもなぁ、う~~~~~ん(´・ω・`)

 

代金説明が先のクリニックであっても、質の高い技術で治療をしてくれるクリニックが非常に多いです。

初めての患者でも、不安にならないシステム作りがなされているのだと思います。

ごく一部のクリニックには、残念にもそうではないところもあるようで、患者はしっかり見極めなければなりません。

 

治療そのものに迷いがあり「薄毛治療の選択肢に育毛クリニックを入れるか?」、そこから迷う人には、むしろカウンセリング専門スタッフの無料カウンセリングの方が、遠慮なく大まかな価格を把握することができて、楽なのかもしれません。

 

 

医師自身が無料カウンセリングをするクリニックは少数です。

 

私が育毛治療を初めて受ける患者なら、医師に簡単でも状況を診てもらったあとに、自分に適した治療や検査の代金を示してもらえる流れの方が、一般病院と似た感覚で、私なら育毛クリニックのドアを叩きやすいです。

それで無料カウンセリングだということなら、お得すぎて踊りだしたいほど嬉しい(笑)

 

無料カウンセリングは、専門カウンセラーがいいか?医師にしてもらいたいか?

 

・クリニックでの治療に迷いがあって「とりあえず話を聞きたい人」ならカウンセラーが気楽。

・クリニックでの治療をほぼ決めていて「クリニック選びの段階にある人」なら医師のカウンセリングの方が決めやすい。

 

こんな感じなのかもしれません。

 


人気ブログランキング

カテゴリー
管理人プロフィール

管理人:はすまろ

私自身のアレルギー疾患に関連する情報を収集しています。その過程で頭皮や毛髪についての知識も得る機会に恵まれ「いわゆる一般論と事実があまりにも違いすぎる!」ということに気が付きました。疾患を持つ者として、ウソの情報に踊らされることが、どんなに傷つき、無駄なお金を捨てる事になるかも、身をもって知っています。薄毛疾患に悩む人たちのお役に立てればとサイトを立ち上げました。

しかしPCに苦悩中、牛歩でスミマセン^^;

ページの先頭へ