驚異の毛髪再生研究が発表!2年後に薄毛治療に採用

目安時間:約 13分


人気ブログランキング

 

毛髪再生治療は日々研究が進み、新たな薄毛治療技術が医療現場である「育毛クリニック」に、どんどん進出してくるというお話は、私のサイトでもご紹介してきました。

 

昨日、今までと全く異なった視点から、毛髪を再生させる新たな技術が開発されたと、理化学研究所と企業からなる研究グループが発表しました。

 

 

人の毛髪から細胞を増やし「毛包」を大量に作り出す技術開発に成功したのです。

 

 

約20日間で、髪の毛一万本に相当する、約5000個の毛包を培養して作り出せるとしています。

こうしてできた毛包を、脱毛症で頭髪を失った頭皮に移植しようという、器官再生の先駆けという画期的なものです。

 

2020年から、まずは男性型脱毛症(AGA)の患者を対象に、保険適用外自由診療として「育毛クリニック」にて薄毛治療である毛髪再生治療として施術を開始できる見込みです。

 

 

免疫機能の異常から毛が全く無いマウスに、今回の研究で作った毛包を移植した結果の映像では、裸のマウスの背中に真っ黒な剛毛が、ガッツリ生えていました!

 

 

これから更なる安全性の確認作業に入るとのことです。

 

 

毛包って何?

「毛包」とは、毛穴の奥深くにある「髪の毛を作る工場部分」です。

 

髪が抜けても、また生えてくるのは、毛包が活発に細胞分裂して、髪の毛を作り出すからです。

 

男性の頭髪が薄くなる原因は大きくは二つあります。

1・男性ホルモンの一部が、毛包の細胞分裂を妨害し、その力を弱めてしまう

2・生活習慣から頭皮の毛細血管を委縮させ、毛包に届く血液の量を減らす

 

 

「毛包を工場」とするなら、男性ホルモンというヘッドハンターに優秀な作業員を大量に引き抜かれ、更に血管という毛髪の原料の仕入れルートが縮小し、原料が入手しずらくなってきたという状態になり、頭髪が薄くなる症状が出てくる、というのが男性型脱毛症(AGA)です。

 

この工場(毛包)は、毛髪を作る作業員も少なく、毛髪になる原料(血液)も少量しか入手できず、でも「受注は今まで同様にある」という八方ふさがり。

結局、従来より粗悪(細く・発育も悪い)な製品(毛髪)を、やっと製造し、なんとか受注数を確保し納品するという状態に陥ります。

 

やがて、「作業員」「原料」ともに無くなり生産を中止せざるを得ず、工場は機械だけを残して、閉鎖となります。

 

 

こうして毛髪の生産が止まって、薄毛になっていくのですね(涙)

 

 

休業しても、工場の建物や機械が壊れることなく動く状態なら、人材と原料さえ集めれば、また製品を作ることが可能です。

 

しかし、長い時間、条件が整わず使われない工場は、建物は朽ち、雨ざらしとなった機械は壊れ動かなくなり、二度と稼働しません。

この状態が、毛包が死んだ状態です。

 

 

毛包が死んでしまうと、どのような治療を施しても、二度と毛髪が作り出されることはありません。

「THE END」

 

そう、今までは・・・・・。

 

 

今までの薄毛治療

男性型脱毛症(AGA)の薄毛対策・薄毛治療において、自毛を維持する方法は3種類しかありません。

 

1・毛包を元気にする(細胞分裂を妨げる男性ホルモンに負けないようにする)

2・発毛の妨害をする男性ホルモンの一種を弱める

3・男性ホルモンの影響を受けない後頭部の自毛を毛穴ごと移植する

 

 

育毛剤は「毛包を元気にする」ことを目的としています。

 

育毛クリニックでは、内服薬で「毛包を元気にする」「発毛妨害ホルモンを弱める」の両方を試みます。

また毛髪再生治療は「発毛妨害ホルモンに負けないほど毛包を力強くする」ことを目的とします。

 

 

これらは「毛包が生きている」ことが前提であり、死んでしまった場合は打つ手がありません。

治療は不可能です。

 

 

毛包が死んでいても問題がないのは、自毛植毛です。

自毛植毛は、発毛妨害ホルモンの影響を絶対に受けない「側頭部・後頭部」の毛髪を「毛包を持つ毛穴ごと」くり抜いて、薄毛部分に移植するものです。

移植先の毛包が死んでいても、新たな毛包を植え込むので、問題なく薄毛部分は自毛で増毛されます。

かつ移植した毛包が、移植先でAGAを発症することはありません。

 

 

ただし、人間の毛穴の数は増えることはありません。

 

 

 

毛穴ごとくり抜かれた「側頭部・後頭部の毛穴は再生しない」ので、全体的な頭髪の毛量は減ったままなのです。

つまり、側頭部・後頭部から毛穴をくり抜くのには限度があるということ。

自毛植毛のクリニックでは、将来の頭髪の状態を緻密に計算して、移植限度を決めています。

 

ちなみに経験者に聞くと、ドナーとしてくり抜いた傷は、麻酔が切れた後が、けっこう痛いらしいです。

 

 

新たな毛髪再生技術はどう違う?

今回、新たな毛髪再生技術として発表された研究は、自毛植毛に近い技術と言えます。

 

しかも自毛植毛の難点と言える、2つがありません。

 

1・新たな毛包を外から持ち込んで薄毛部分に移植するので、自身の側頭部や後頭部から毛穴をくり抜かない

2・側・後頭部から移植のための毛包をくり抜かないので、その為の痛みがない

(ただし移植先の頭皮には穴をあけて毛包を埋め込むので、そこはそれなりに痛いとは思います)

 

人間の細胞から作られた「毛包」を、ハゲた部分に移植していきます。

男性ホルモンの影響を受けないよう作られた「毛包」なので、自毛植毛と同様に、一度植えられたらAGA脱毛症は発症しません。

 

まさに理想の、良いとこどり!

 

AGAの発症範囲が広い人、死んだ毛包が圧倒的に多い人に、うれしい朗報です。

 

 

新技術はどこで幾らで治療できる?

追記(2018年6月11日 加筆)

記事について、お詫びと訂正をいたします。

 

記事作成時には「治療費は未定」との発表されておりましたが、本日放送の「NHKあさイチ」の「薄毛特集」番組内にて、理化学研究所の研究者責任者と思われる人物が、はっきりと価格に言及いたしました。

 

育毛クリニックで施術する際の、治療費用は・・・

ズバリ!「2000万~3000万円」だそうです!

 

家が買えるじゃん!

超売れっ子、イケメン俳優くらいしか必要ないじゃん!

 

 

はすまろが「植毛より安いかも?」などと、いい加減な価格予測をしたことを、心よりお詫び申し上げます。

 

 

↓↓↓↓記事掲載当初のブログ原文は残しておきます。

 

「育毛クリニックで自由診療(保険適用外)」と発表されています。

 

しかし、一般的な育毛クリニックで扱うことにはならないと思われます。

当面は「自毛植毛を行っている育毛クリニック」の独占になるのではないでしょうか。

 

 

価格は単純に考えれば、自毛植毛より安いと予想します。

 

理由は2点

・ドナーとなる自毛の採取作業が不要

・できるだけ多くの人に試してもらいたいのが本音

 

 

研究者たちの次の目標は、免疫性の脱毛症の人や、ケガや火傷で毛包を失った人に使うことです。

そのためには、できるだけたくさんの症例がほしいと思われます。

 

 

言葉は悪いですが、マウスの次の実験先が「男性型脱毛症(AGA)で悩んでいる人の頭」となるからです。

 

価格が自毛植毛より安価と予想する理由のもう一つは、最新の毛髪再生治療である「DR.CYJ ヘアフィラー」が安価で提供されている現状があるからです。

 

今までは「ハーグ療法」が一番発毛も治療後のヘアサイクルの正常化期間も長いとされていましたが、この新治療法「DR.CYJ ヘアフィラー」の方が、効果が高いと感じ始めている医師も増えつつあるのです。

 

「ハーグ療法」と共に扱ったり、完全な切り替えをする育毛クリニックも出ており、価格はハーグより安価な設定です。

「多くの人に試してほしい」という目的で、今のところ最低価格に近い価格設定の育毛クリニックが多くみられます。

 

もちろん、今後は、値上がりしていく可能性はありますが。

 

・ハーグ療法=8万円~16万円(1回の価格)

・ヘアフィラー=5万円~15万円(1回の価格)

※2018年6月現在の一般的な価格帯(クリニックによって異なります)

 

 

 

ただし、今回の新研究発表では「かなり手早く、多くの毛包を作れる」と語られましたが「安く作れる」とは言われていません。

 

 

勝手に見切り予測をしてみましたが、種となる毛包の価格が高ければ「わお!」って金額が付いてしまうかもしれません。

いい加減な予測で、ごめんねm(__)m

 

どちらにしても、今、悩んでいる人にできることは一つだけです。

 

 

今の自分にある毛包を、死なせないこと!

新技術である「毛包移植再生」も、移植範囲が狭いほど安価で施術できることだけは、間違いないです。

 

 

今ある薄毛治療の技術なら、最新「DR.CYJ ヘアフィラー」か「ハーグ療法」が、治療後の維持期間が長いとされています。

 

 

 

どんな素晴らしい治療技術が待っているとしても、常に進行する薄毛にとって「2年後」と言う時間は、決して近い未来ではありません。

ただぼんやりと待っていたら、もっともっとハゲちゃうだけです。

 

 

追記(2018年6月11日 加筆)

上記の記事について、再度のお詫びと訂正をいたします。

 

記事作成時には「治療費は未定」との発表されておりましたが、本日放送の「NHKあさイチ」の「薄毛特集」番組内にて、理化学研究所の研究者責任者と思われる人物が、はっきりと価格に言及いたしました。

 

育毛クリニックで施術する際の、治療費用は・・・

ズバリ!「2000万~3000万円」だそうです!

 

家が買えるじゃん!

超売れっ子、イケメン俳優くらいしか必要ないじゃん!

 

 

はすまろが「植毛より安いかも?」などと、いい加減な価格予測をしたことを、心よりお詫び申し上げます。

 

 


人気ブログランキング

ドラマ「おっさんずラブ」から 薄毛を着こなす・おっさんたち

目安時間:約 14分


人気ブログランキング

 

 

今期、はすまろが最もハマったドラマは「おっさんずラブ」です!

(テレビ朝日・土曜・夜11時15分より放送)

 

ええ?

見ていない?

なんと、もったいない!

我が家、家族全員がハマっています!

 

毎回、短時間に、爆笑キャハハハ!! ヾ(@⌒∇⌒@)ノ彡☆バンバン!!と、驚きw( ̄▽ ̄;)wワオッ!!と、( ノД`)シクシク…が、やってきます。

 

25歳(これは、おっさん?)、33歳(あ、おっさんw)、44歳(うん、おっさん)、55歳(完全おっさん)の4人の男性同士の恋愛が描かれているドラマなのですが、気色悪くないというか(むしろ笑えるw)、コメディーでありながら「人を愛するってどーゆこと?」と、いい大人でも、考えさせられてしまう深い内容でもあります。

 

特に中心となる3人を、田中圭・林遣都・吉田鋼太郎が、本当に繊細に演じていて、それぞれに魅力的!

 

残念ながら6月2日(土)が、最終回(7話)です(涙)

田中圭が演じる主人公「はるたん」の心をつかむのは、吉田鋼太郎が演じる「乙女な黒澤部長」か?林遣都が演じる「やさしくイケメンな後輩・牧」の、どちらなの?

 

すごい楽しみすぎるけど、終わってほしくない、複雑な気持ちです。

 

見ていなかった方、6月3日(日)15時半より、「AbemaTV」スペシャルチャンネルで、1~6話を一挙放送。

同日20時よりドラマチャンネルで7話を放送。

ぜひ見るべし!

 

ハゲすら色っぽく魅力的・吉田鋼太郎

 

威厳のある硬派な役や、悪役のイメージの強い吉田鋼太郎さん(59歳)

 

 

おっさんずラブでは、普段は懐の深いカッコいい理想の上司なのに、恋した部下(男)の前では突然キラキラ乙女に変貌してしまう難しい役どころ(笑)

 

 

NHK朝ドラ「花子とアン」で、仲間由紀恵演じる没落華族令嬢をお金で妻にする成金男を演じていました。

本来は女性に憎まれる悪役なのですが、冷たいセリフと裏腹に、その表情からは愛情をうまく伝えられない不器用な男の悲しさがにじみ出て「若い男よりいいじゃん、分かってあげて~」と世の女性たちの胸を打ちました。

 

 

その吉田鋼太郎さん、M字ハゲがかなり進行しています。

 

なぜだろう?全然、気になりません。

むしろ、M字が色っぽくて魅力的です。

 

恵まれたスタイル(お腹なんて出てないもん)、常に背筋の伸びた姿勢の美しさ、洗練された着こなし(着物もスーツも素敵)、渋い声。

髭もさりげなく似合っていて、歳を重ねた男にしか出せない格好良さがあります。

 

役とは別に、現実にも、数年前に若い奥様と再婚(4度目?)されています。

普段から紳士的で優しい人柄のようで、女性に不自由することがないということでしょうか。

でも3回の離婚って事よね・・・う~ん、素敵な俳優さんだけどそこは、男として微妙なきも・・・(;´・ω・)

 

 

一般的には、生え際が広くなった人は、髭を生やすことで、人の目線が額からそらすことができると言われています。

でも、吉田鋼太郎さんから考えるに、髭によってM字ハゲが目立たなくなっているとは思えません。

 

たぶん、他の誰であっても、やっぱり髭ではハゲはごまかせないんじゃないでしょうか?

 

 

むしろ、引き締まった体・似合った服装・姿勢や所作の美しさ、といった外見と、紳士的な態度・優しさといった内面が、うまく一致していれば、ハゲすら魅力となるのかもしれません。

 

 

ハゲをあえて見せる大人の男・眞島秀和

どのドラマにも出演している印象の、涼やかなイケメンの眞島秀和さん(41歳)

 

 

おっさんずラブでは、その容姿にふさわしい冷静沈着で仕事ができるクールな主任「武川政宗」

でも元カレである若い部下(林遣都演じる牧凌太)の新しい恋人(田中圭演じる春田創一)に、激しい嫉妬をむき出しにする情熱的な役です。

いやぁ、物語の途中から始まる、派手な嫉妬にビックリしました!

恋敵(男)に足ドン(壁に長い足をドンして、行く手を阻む)する姿からは、青い炎が見えました(笑)

 

 

さて、眞島秀和さん、年相応なのか、額が全体的に広く上がっています。

30代のころの写真と比べると一目瞭然です。

 

 

その広くなった額を隠すのではなく、長めの前髪をあえて上げて額を見せてくるところに、大人の魅力が出ています。

オールバックではなく、前髪を軽くサイドに流して、時々額に落ちてくるところに大人の色気を感じます。

かっちり縁の濃いメガネも、計算されつくされている感じ。

かなりカッコイイ!

 

 

メガネも「ハゲごまかしアイテム」と言われいるようですが、これもまた、ごまかせてはいないw

眞島秀和さんの場合、そんなにヒドイ状態ではなく、一般的な40代の一般的な額の上がり方です。

それを、自然に着こなしている!そう、彼こそ、まさに着こなしている!と言って良いと思います。

 

 

額が広くなると隠したいものですが、そこをあえてチラミさせることで「大人の男を強く印象づける」方法もあるんですね。

30~40代の額が広くなってきた男性の、お手本になりそう。

 

 

ぜひとも、眞島秀和のようにクールな大人であって、いただきたいです!

 

もしかしてハゲてるのか?疑惑!・林遣都

10代の半ばからデビューして、かわいらしい印象だった林遣都さん(27歳)

 

 

いつの間にか、ワイルドな役まで幅広くこなす、演技派の俳優さんになっていました。

でも田中圭には「チワワ」と評され、今もyahooで「林遣都」と検索すると、候補に「林遣都 チワワ」と最初に表示されます(笑)

そのまま検索すると、林遣都とチワワの画像比較がたくさん作られていて、気の毒だけど笑えるし、和む~。

 

 

おっさんずラブで演じるのは、イケメンで仕事ができる優秀な若きホープ「牧凌太」

ひょんなことから、異動先の先輩である主人公「春田創一(田中圭)」とルームシェアという形で同居します。

しかし一緒に暮らすうちに牧は春田に恋をしてしまい、叶わないと思いつつも告白。

牧だけが割とコメディーから遠い真剣な演技なのですが、ドラマ前半は、その真剣さが爆笑させてくれました。

後半は、牧の目線・表情・涙・セリフ、すべてに胸を締め付けられてしまいます(涙)

 

 

さて林遣都さんの額・・・前髪を厚めにおろす髪型で、額は全く見えません!

 

 

どうして私に疑惑をいだかせたのか?

 

 

それは「おっさんずラブ6話」で、牧(林遣都)の元カレである「政宗(眞島秀和)」が風邪をひいて仕事を休んだ牧を見舞いに訪れた時の、あるしぐさです。

 

 

政宗は牧の額に、自分の額をくっつけて、熱を確認します。

 

 

ちょっと、待った!

 

 

牧の厚い前髪にただ額を付けても、熱なんて確認できないだろ?????

普通は、相手の前髪を上げて、額同志を肌でくっつけないと、熱なんて分からないです。

 

 

そして思った!

 

 

林遣都には、カメラの前で、前髪を上げられない、なんらかの事情があるのではないのか?

 

それは・・・もしかして?

 

いやぁぁぁぁぁぁ!!! オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

 

 

やっぱ好みの若いイケメン俳優の、頭が薄くなるのは、絶対イヤ!

林遣都の広すぎる額は、まだまだ見たくないぞ!

私は林遣都が好きなんだ!

 

 

ごく最近のドラマで見たのは「精霊の守り人」の「星読みのシュガ役」では、ヅラ着用っぽかったので、ちょっと心配になったしだいです(;´・ω・)

 

 

総評・若ハゲは隠くせ!おっさんハゲは出せ!

 

40代・50代は、多少のハゲはむしろ男らしさがあります。

ただし、ハゲの見せ方には、工夫を凝らしてほしいです。

 

このように俳優さんで分析していって気が付いたのは、額の広がりは相当ヒドイ状態にならないかぎり、気にならないということです。

M字も還暦近い吉田さんには違和感がないし(ただし、パーマ?が効いているかも)、もしも眞島さんにM字が来ていたとしてもサイドに流すことで隠すことが可能です。

 

 

ただ頭頂部の薄毛は、色気からはほど遠い、老けたイメージ以外ありません。

これは隠すべきです。

酷いものでなければ、カット・パーマ・ワックス使いで、カバーは可能かと思います。

 

頭頂部は、できればヒドイ状態にならないうちに治療を考えてみてもいいのではないでしょうか。

 

 

さて、話を戻すと、

吉田鋼太郎さん、眞島秀和さんは、ハゲを見せて、カッコイイ姿を作っている俳優さんです

 

 

今、かつてイケメンと言われた50代前後の俳優の多くは、厚く前髪をおろしています。

頭頂部から前に厚く流すヘアスタイルは流行で、薄くなった頭頂部も額も隠せる、都合のよいものです。

でも、相応におっさんになっている顔に、そのヘアスタイルは似合わない。

誰とは言わないけど、あの人とかあの人とかあの人もw

 

俳優は役柄によって、ヘアスタイルやヘアカラーを変更する必要性がある職業なので、仕方がないのかもしれませんが。

 

 

私個人の意見でしかありませんが、男性の年齢に見合わないヘアスタイルや、真っ黒な髪は不自然です。

顔は50代なのに、白髪1本すらないなんて、逆になんか違和感MAX。

年齢を重ねた雰囲気をしっかりまとう方が、渋くて大人の魅力が光る気がします。

 

 

おっさんずラブの俳優陣では、田中圭さんも、林遣都さんも額を隠しています。

同年代の俳優さんも、街を歩くその辺の20~30代の男性にも多いし、その若さにとても似合ったヘアスタイルだと思います。

 

 

こんなブログを作っているので、男性の頭にすぐ意識と視線が集中してしまうんですよね。

 

 

最後にまとめさせていただくと、男性の髪は年相応でいていただきたいということです。

もちろん生涯薄毛と無縁でいる人が、一番理想的です。

 

 

女性からみると・・・

1・若くしてハゲないでほしい。

2・年齢より老けて見えるような、ハゲでいないでほしい。

3・年齢を重ねて、年相応な薄毛なら、無理に若くみせるより、薄毛を渋く着こなしてほしい。

 

と、このサイトの趣旨に見合う、まとめになりました^^

 

 

林遣都さん、髪は、たぶんまだまだ大丈夫よね~?

どうか大丈夫でありますように!

 

 

育毛クリニックリスト

 


人気ブログランキング

タグ:    

カテゴリ:ブログ 芸能人 

手段いろいろ!薄毛対策ランキング!

目安時間:約 2分


人気ブログランキング

春から夏にかけて特に目立つのは様々な薄毛対策のテレビCMではないでしょうか。
薄毛に悩む男性のみなさんも、聞き流し・見流しできずにガン見していませんか?
私も昔から、自毛に縛り付ける早回し増毛の虜?になり、目が離せませんでした(笑)どうやってるの?って。
育毛対策としては、育毛剤・育毛シャンプー・部分カツラ・自毛括り付け増毛・育毛サロン・AGA育毛クリニック・自毛植毛クリニックといったものがあります。
知名度の高いタレントさんが微笑み、安価な体験キャンペーンを「気軽に体験しよう!」と言ってくれる。
ハゲが売りで、老けて見える芸人さんが、あっという間にフサフサのイケメンに変身するCMも、なんという魅惑的な作り方なのだろう。
さっそく「体験だけでも」と一歩踏み出した人もいらっしゃるかもしれませんね。
ところで「この薄毛対策は、自分にどんな未来を与えてくれるのか?」という視点で考えてみましたか?
ここでは各薄毛対策でもたらされる「未来」に重点を絞りランキング化してみました。
あなたの選んだ薄毛対策は、果たして「より良い未来」を与えてくれるのか?
どうぞ、のぞいてみてください。
対策評価B 現状維持が期待できる
私は、このような結論を出しました。
「評価D」以外は、人によって、考え方によって、十分なメリットを感じられる可能性があると思っています。
あなたは、どの薄毛対策で自分の未来を描きますか?


人気ブログランキング

カテゴリー
管理人プロフィール

管理人:はすまろ

私自身のアレルギー疾患に関連する情報を収集しています。その過程で頭皮や毛髪についての知識も得る機会に恵まれ「いわゆる一般論と事実があまりにも違いすぎる!」ということに気が付きました。疾患を持つ者として、ウソの情報に踊らされることが、どんなに傷つき、無駄なお金を捨てる事になるかも、身をもって知っています。薄毛疾患に悩む人たちのお役に立てればとサイトを立ち上げました。

しかしPCに苦悩中、牛歩でスミマセン^^;

ページの先頭へ