本当に発毛する育毛剤は1商品だけでした!

目安時間:約 12分


人気ブログランキング

え?今更?ってニュースをネットで読みました。

市販されている育毛剤で、本当に発毛する成分でつくられた育毛剤は「大正製薬のリアップだけだった!」というニュースです。

 

多種多様な育毛剤がたくさん販売されています。

育毛剤のランキングサイトや通信販売の口コミで高評価を得ていたから購入したのに「自分の体質には効果がなかった」と、あきらめていた人は、怒っていいニュースです。

 

使って発毛した人がいたことの方が不思議だった!っていう、話なんですもん。

 

なぜ「リアップ」だけが発毛できたのか?

 

1999年より、つい最近まで「大正製薬リアップ」しか、真に発毛させる成分を入れることができませんでした。

塗るだけで発毛させることができる成分は「ミノキシジル」のみです。

日本での特許の権利は大正製薬が持っていため、リアップのみが独占してきました。

 

じゃあ、それ以外の育毛剤は何だったの?

 

私が「育毛剤を褒めない」「育毛剤を紹介しない」という姿勢を貫いてきたのは、リアップ以外は詐欺に近いと思っていたからです。

 

「ミノキシジル」以外は、塗っても「大きな発毛効果がないこと」は、世界的に周知の事実です。

 

でも育毛剤と名の付く商品は、確実に売れるんですから、各メーカーは売りたいですよね。

発毛しなくても「個人差があります」と明記することで、誰からも責められませんし。

本当に悩んでいる人は、ある育毛剤を使って毛が生えなければ「自分の体質に合わなかっただけ」と、次から次へと発売される新商品を試してみたはずです。

たとえ発毛しなくても無限に売れるのが育毛剤市場なのです。

 

過酷な砂漠で咲く花から抽出した成分だの、薄毛が少ない人種であるインディアンの住む地域でしか生息しない草のからの成分とか、頭皮に潤いを与える程度の、女性の基礎化粧品(スキンケア)的なものでしかなく、発毛効果はありません。

 

関連記事:育毛剤の評価

 

リアップの天下が終わった

「大正製薬のリアップ」が独占してきた「ミノキシジルの特許」は、2010年より段階的に少しずつ切れていきました。

一番大きな特許部分が解禁となり、他社でもリアップと遜色ないミノキシジル配合の発毛剤が発売可能となりました。

いわゆる後発品(ジェネリック)と言っていいと思います。

 

「ロート製薬」と「スカルプDシャンプーで知名度を上げたアンファー」が、すでにミノキシジルを5%配合した、発毛剤を発売済みです。

 

もう制約がありませんから、今後は他社も続々と類似品を開発し発売してくるでしょう。

 

今は各社、7000~8000円という価格ですが、成分がほぼ同じ類似品が競合するようになれば、価格は下がるかもしれません。

今まで、ほぼ発毛しない育毛剤を買わされてきたことを思えば、歓迎できる現象です。

 

それでも育毛剤を勧めない!

さて、真に発毛する成分であるミノキシジルが配合された「リアップ」を使っても「俺は発毛しなかったぞ!!!!!」という人は多いかもしれません。

 

効果が出なかった理由はなんでしょう?

 

 

たぶん、その方々は次の3つのどれかに該当すると思われます。

 

①発売当初のリアップを使って発毛しなかった

②3か月も使ってが変化がなかった

③産毛が増えた程度で満足できなかった

 

 

では発毛しなかった理由は?

 

①の答え

発売当初のリアップはミノキシジルの含有量が少なかったため、効果が薄かったと思われます。

現在はミノキシジルが5%でなければ、男性の薄毛を発毛へと導ける力がないと言われています。

 

②の答え

絶対に発毛する成分であるミノキシジルが5%配合されていても、通常半年以上使わなければ発毛までたどり着くことはできません。半年で効果が実感できたなら早い方です。

それこそ個人差がある部分ではあります。

「あれ?薄くなってきた?」という「初期の初期である人」なら、半年以下でも発毛を実感するかもしれません。

初期の初期から使い始めても、効果が出るよりもAGAの進行の方が早いという人もいます。

 

③の答え

薄毛の進行度合いがすべてです。

初めから細く短い産毛が確認できるかさえも怪しいハゲた部分に塗っても、太く長い髪が生えてくる訳がありません。

必ず発毛する成分であっても、産毛が濃くはなったかも?程度の効果しかないと思ってください。

 

 

 

つまり確実な発毛成分のある発毛剤(育毛剤)を使ったところで、その効果に即効性はなく、しかも、バリ毛が生えてくるわけではないという事実です。

AGAの進行度が早ければ、それに効果が追い付かず、薄毛は進行していくでしょうし。

 

だから、私は勧めない。

 

今後の育毛剤対象者

20代~30代の若年層が販売ターゲットのようです。

 

ミノキシジル5%配合の育毛剤(発毛剤)であっても、その効果が出るのは通常「半年~1年」と即効性がないこと。

進行したAGA脱毛症の薄毛患者には、産毛程度の発毛しか期待できないこと。

そして、この事実は、すでに薄毛に悩んで使用してきた人には、とっくにバレてしまっていること。

 

この3点からも、ターゲットは薄毛に悩み始めた、若年層しか残っていません。

 

すでに香取慎吾・草彅剛といった、年齢的にはおっさん(失礼)であっても、まだアイドルとしての若い面影を残すタレントが発毛剤のCMに登場済みです。

今後は、各社、20代後半~30代前半の俳優などをCMに起用してくるかもしれませんね。

 

 

ただ、今の薄毛若年層はメーカーが考えるほど、甘くはないと考えます。

つまり情報収集力があり、賢い。

いつ効くか、本当に効くか分からない育毛剤をすっとばして、直に育毛クリニックに通院している人が多い。

ハゲてきてもいないのに「予防」と称して、育毛剤に手を出す若者も減ってきています。

症状がないのに育毛・発毛剤を使うことは、薄毛を招き寄せる逆効果になるので絶対にやめてください!

 

「育毛クリニックは最後の手段」などと思っていた40代以上の男性は、覚悟を決めて育毛クリニックのドアを叩いたものの、待合室は20代の若者が多く、出遅れ感をかみしめたとか。

 

 

皮膚科医は「水虫菌には何種類かあり、その菌によって効く薬が違う」といいます。

だから市販の水虫薬を使っても治らない!と、ある皮膚科医は断言しました。

病院では「その場で水虫菌の種類を顕微鏡で検査し、効く薬を調合」し、数日で完治させます。

薄毛も、その人の症状によって効く治療が異なる。

それは病院でしか見極められない。

男性型脱毛症AGAとて、同じことです。

 

水虫に詳しい?(* ´艸`)クスクス

そこ気になる?

だって、私、父に移されたことが2回もあるんだもん(怒)

市販の薬を何年も使っていても治らない父が見本としているんだから、皮がむけた足指を発見した時、即!皮膚科に走った。

「お嬢さんは賢い。恥ずかしがって病院にこないと治らない」と、医師はものすごく詳しく説明してくれた^^

病院に行くは一時の恥、行かぬは一生の恥!

私は、水虫もクリニックでの治療を押しますよ!

初期なら3~5日程度で完治することを保証します。

 

 

まあ、水虫はさておいて、若い人ほど割り切って育毛クリニックに行くにという事実。

病院に行くは一時の恥!行かぬは一生の後悔!

 

※今回の参考記事はコチラ

↑コメントが面白いので興味のある方はご覧になってみてください

 

 

育毛剤を活かす育毛クリニック

正直、ミノキシジル入りの育毛剤だけ使っても、大きな効果は期待できません。

 

発毛可能な健全な状態の頭皮があることが大前提。

それを作った上で、主たる医学的治療(内服薬・毛根注射など)の補助として使うことが、育毛剤の正しい使用法です。

 

育毛クリニックではミノキシジルの塗り薬も処方しています。

健全な状態の頭皮を作る指導まで治療の一環として行うクリニックもあります。

むしろ大切なので、そこまで行っているクリニックは多いです。

 

月8000近い金額を、気長に育毛剤に費やすのか?

金額を、もう少し上乗せして、発毛実績のある育毛クリニックで指導を受けつつ育毛剤も処方してもらうのか?

はたまたもっと効果のある「治療を受ける」のか?

 

育毛クリニックの無料カウンセリングは「無料制度」をとっているところがほとんどです。

「病院」なので「カウンセリングを受けた=申し込まないといけない」という脅しはありません。

自分の価値観に合わないなら、その場でお断りしても、「検討してみる」の一言で席を立ってもいいのです。

 

いま、リアップや後発品の育毛剤(発毛剤)の使用を検討しているほど、薄毛が気になる状態であるなら、一度自分の状態をプロに確認するほうが、お金を捨てる行為につながらないと思います。

 

先日、大きな総合病院の皮膚科で「当院ではAGAの治療をしています」というポスターを見ました。

どうしても育毛クリニックに不信感を持ってしまう!という人には、皮膚科受診もありです。

 

ただし!一般皮膚科では「無料カウンセリングという制度はありません」

健康保険の適応はありませんので、初診時から高額となることもくれぐれもご承知の上、受診ください。

 

無料カウンセリングが可能な病院はこちら

 


人気ブログランキング

実践しやすい湯シャン講座

目安時間:約 20分


人気ブログランキング

 

タモリや福山雅治、作家五木寛之など、有名人が実践するシャンプー方法として「湯シャン」の名が一般的にも知られるようになってきました。

 

 

「お湯だけで洗う」という洗髪です。

 

 

 

始めは皮膚科の医師の間で「体の自浄作用を利用した洗髪方法」として広がりました。

皮膚炎やニオイ・薄毛の原因に、シャンプーが深くかかわっているからです。

 

ネットニュースでも頻繁に取り上げられています。

ロングヘアの女性にも美髪になる!と湯シャン派が増えています。

 

 

yahooニュースで取り上げられると、コメント欄に「不潔」「臭そう」「実践している人とご一緒したくない」と、否定的な声ばかりが並んでいます。

 

湯シャンのネットニュースは、中身が薄いものが多く、きちんと伝わらないのは、仕方がないかもしれません。

 

 

シャンプーは頭皮に悪いの?

 

「チコちゃんに叱られるパロディー劇場」

 

 

チコちゃん:ねね~?おかむらぁ~?この中で「清潔志向でヘアスタイルもこだわる大人の男」って、誰?

 

おかむら :そりゃぁ、この記事を読んでる人じゃないですか?

 

チコちゃん:そうね!じゃあ君(あなた)なんで今「湯シャン」を試みる人が増えてるの?

 

あなた  :え?えっと・・・有名人でやってる人が多いから?

 

チコちゃん:ボーッと生きてんじゃねぇよ怒"(-""-)"

 

おかむら :チコちゃん、なんでぇ?

 

チコちゃん:シャンプーは「毒でできている!」からぁ~(^^♪

 

全員   :ええええええええええ!!!!!まさか!?

 

 

注:はすまろはNHKの回し者ではありません(;^ω^)

 

 

なぜ、はすまろが「湯シャン」の記事を書くのか?

「毒であるシャンプー」は育毛発毛を妨げるから!

 

湯シャンとは、自分で今日から実践可能な「育毛対策」の一つです。

 

育毛シャンプーを使用している皆様へ

 

どんなに高価な育毛成分が入ったシャンプーを使っても、シャンプーでは毛は生えません。

AGA治療に関わる皮膚科医たちは、そう断言しています。

(情報源:多数の皮膚科医著書)

育毛のためにお金をかけるべきは、シャンプーではありません。

 

毒シャンプーとは?なぜ国は規制しないの?なんで育毛シャンプーはダメなの?と、不思議な人は関連記事を参照ください!

関連記事:育毛シャンプー

 

 

湯シャンは不潔で臭いの?

 

湯シャンに成功し継続している人は、不潔どころか、清潔です!

批判をする前に「なぜ湯シャンがいいと言われるのか?」その背景を知りましょうよー!

 

 

元々、私たち人間の体は、化学的な何かを使用しなくとも、水だけで皮脂も汚れも、落とせるように作られています。

ニオイの元凶となるのは、古い皮脂(酸化して臭います)だけです。

水だけで洗うと、古い皮脂だけが流れ落ち、肌に必要な新しい皮脂だけを残します。

 

 

新しい皮脂には「体を守る常在菌」が多種類存在して、臭いを防ぎ、病原菌・乾燥から肌を守ります。

 

 

あなたの頭が油っぽく・すぐオヤジ臭を放ち・フケも多いとしたら?

理由は一つ!

皮脂を見境なく洗い落とし、頭皮の機能を壊しているから。

 

 

では原因をあげましょう

 

①洗いすぎ

体は頭皮が発した「新鮮な皮脂が無い!助けて!」のSOSを受信し、皮脂分泌を開始します。

分泌しても、すぐに全て洗い流されるので、皮脂腺(皮脂を作る工場)を発達させ分泌量もスピードもアップさせます。

過剰分泌された皮脂は、早く酸化(腐る)し、くさい臭いを放ちます。

皮脂をさっぱり洗い流した直後、頭皮はあっという間に乾燥します。

乾燥しきった後で多量の皮脂が分泌されても、事すでに遅し!

油分は多いのにフケがスゴイという事態を引き起こします。

 

②市販の合成シャンプーで常在菌を殺している

普通にスーパーやドラッグストアの店頭に並ぶシャンプーは「石油硫酸系合成シャンプー」です。

使用している人は、毎日、硫酸で肌まで溶かしてスッキリ洗えた感を味わっているんですよ。

そのうえ、パラペンなどの防腐剤は常在菌の殺傷能力が抜群!

臭いを防ぎ、病原菌・乾燥から肌を守る機能が失われた頭皮が、どうなるか?

あなた自身の頭皮の状態から、もうお分かりかと思います。

 

 

石油硫酸系合成シャンプーで新旧の皮脂と常在菌が全部取り除かれる→体は更に皮脂を作る→皮脂が臭うし気持ち悪いので更に綺麗に洗い流す→体はもっと皮脂が必要と過剰に分泌する・・・まさに負の連鎖。

 

 

この負の連鎖、どこかで止めないと、あなたの頭皮は油っぽくて臭くてフケだらけのままですよ。

止める方法が、湯シャンへのシフトです。

 

 

関連記事:育毛シャンプー

 

 

湯シャンすると、どうなる?

 

「シャンプーの毒性」から解放されると、頭皮・頭髪の状況はどのように変化するのでしょう?

 

湯シャン成功者(半年以上、湯シャンを続けている人)の声を拾ってみます。

 

・髪にコシが出てきた(美容師から指摘)

・細いネコッ毛は太く弾力を持つようになった

・整髪料なしで髪がまとまる

・頭部の臭いが消えた(妻から指摘)

・枕が臭わなくなった

・頭皮が皮脂でベタベタになることがない

・皮脂で髪がペシャンコにならなくなった

・頭皮のかゆみが消えた

・前頭部の薄毛個所に毛が生えてきた(湯シャン3年目の人)

 

 

臭いが消え、髪が太くなる。

また湯シャンを「数年という長さ」で続けている人の中には、男性型脱毛症に改善がみられた人もいます。

 

臭いと皮脂の件は、今までの記事から、十分ご理解いただけるかと思います。

 

 

他にも、頭皮と頭髪と無関係な効果もあります

 

・顔のニキビ・吹き出物が消えた

・顔のかゆみが無くなった

・顔の肌荒れ(乾燥)がなくなった

 

 

顔のトラブルは合成シャンプーやリンスが引き起こしているケースが多いです。

髪に残った悪い成分が、髪が直接触れる顔の肌に、悪影響を及ぼしていたのです。

 

前髪がある人は「おでこ」、やや長めの髪の人は頬や耳に、皮膚炎やニキビが出やすくなります。

皮膚科医は、髪が触れる顔回りのトラブルには、まず合成シャンプー&リンスを疑うようです。

 

特に男性は、美肌に興味のない人が多く、シャンプーで洗顔までしてしまっていませんか?

顔や首の肌にニキビや肌荒れなどの異変はありませんか?

今は無かったとしても、長く続けていると肌は傷んでいきます!

 

合成シャンプーでの洗顔およびボディーウォッシュは絶対にやめましょう!

 

 

 

湯シャンには時間と覚悟が必要

 

このブログを読んでいる人のほとんどが「生まれた時から石油硫酸系合成シャンプーしか使ったことがない人」だと思われます。

説明してきたとおり、合成シャンプーを使い続けた結果、私たちの頭皮の皮脂腺は大きく発達してしまっています。

 

 

湯シャンを実践して、最初にぶち当たる大きな壁が、この皮脂腺の発達です。

 

 

合成シャンプーの使用を中止し、正しくお湯のみで余分な皮脂だけを洗い流すようになっても、体はすぐには信じてはくれません。

体が皮脂腺を正常な状態に縮小させるまで、4~6カ月もの時間を要するのです。

もちろん、徐々に皮脂の量は減っていくので、最初の1カ月ほどの皮脂のベタつきを乗り切ることができれば、その後は比較的楽に湯シャンを続けられます。

 

 

しかし、その1カ月が難しい!

 

 

毎日、お湯のみで洗って3日ほどで、頭皮が脂っぽいと感じます。

今まで清潔にこだわってきた人ほど、耐え難くなります。

これを我慢できるかが勝負!

 

 

一気に「湯シャン」にシフトしたい人は、他人と接することのない長期休暇を利用する方が無難です。

 

 

 

でも!はすまろは「一気にシフト」より「ゆる~くシフト」を支持します。

 

「ゆる~く湯シャンへシフト」とは?

徐々にシャンプーを使う回数を減らす、シャンプーを薄めて使うという工夫をして、湯シャンにシフトしていくという方法。

 

長期休暇じゃなくとも、今すぐからでも、実践できます。

 

 

一気に湯シャンにする場合、たまに「脂漏性皮膚炎」を発症してしまう人がいるようです。

石油系(硫酸系)合成シャンプーで常在菌を強く殺菌してきた人が、突如、お湯だけで洗いだすと、一部の常在菌の力だけが過剰に増して「マラセチア菌による脂漏性皮膚炎」を引き起こすことがあります。

 

脂漏性皮膚炎は、頭皮に赤い湿疹や細かいフケが出て、強いかゆみを感じる皮膚病で、皮膚科で塗り薬や除菌シャンプーでの治療が必要となってしまいます。

 

 

ゆる~く始める湯シャンの方法

「湯シャン初心者」は毎日湯シャンしましょう!

ただし、1日1回です。

朝晩ともに・・・は、絶対に無しで!

 

 

 

適した湯の温度

湯シャンに最も適した湯の温度は34~5度ですが、これは夏以外は冷たくて無理でしょう。

神経質にならず、あまり「熱すぎない、ぬるま湯程度」の意識で良いかと思います。

熱すぎると頭皮の乾燥を招くので、ご注意を。

 

 

 

洗う前の準備

頭皮を軽く(ホントに軽く!)ブラッシングして、フケや皮脂を浮かしておきます。

 

 

 

洗おう

適温のお湯で、2~3分かけて洗います。

 

10本の指で、手ぐしで髪をスキながら流します。

髪に付着した汚れは、これだけで落ちます。

頭皮は指の腹(爪は立てちゃダメ!)で、頭を豆腐だと思い、崩れないほどの優しい力で、撫でて洗います。

スカルプブラシなどの使用はしないでください。

指の腹でも、力を入れ過ぎると、頭皮を痛めるだけです。

 

シャンプーを使うとき

上記のように湯シャンした後で、今まで使用していたシャンプーを水で薄めて使います。

洗面器に頭部全体にいきわたる程度の少量の水を入れ、小豆つぶ程度の量のシャンプーを入れてよく混ぜます。

出来上がったシャンプー液を、頭部全体にいきわたるように、かぶります。

そして、指の腹で撫でて、優しくさする程度に洗ってください。

泡立たなくて問題ありません。

ただし、すすぎは、シャンプーを残すことのないよう、しっかり行う必要があります。

 

シャンプーを使用する日は徐々に減らしていいきます。

最初の1週間は毎日、次の週からは1日おき、3週目からは2~3日おきなど。

1カ月を過ぎるころには「シャンプーなしで、お湯のみで洗う」ようになるのが理想です。

 

リンスやコンディショナー(シャンプー同様に毒性あり)は、絶対に使用しないでください。

がんばって湯シャンしている意味がありません。

 

湯シャンに慣れてきたら、2~3分だった湯シャン洗髪時間をもっと短くしても大丈夫ようになります。

半年以上先になるでしょうけれど。

 

 

グロスなど整髪料を使用している人へ

整髪料も石油系の化学物質で作られている場合が多いので、成分は選びたいです。

ワセリン(又はヴァセリンと表記することもある)は、水だけで洗い流せるのでお勧めです。

 

※ワセリンとは?

重油から石油を作る際にできるカス。

しかし石油成分が含まれず毒性がない、無味無臭の油です。

顔・体・リップクリーム・整髪料などマルチで使える、安価で安全な油です。

 

 

 

乾かそう

タオルで優しく髪をはさむようににして、水分を取ります。

できるだけタオルだけで乾かすつもりで、2枚使ってもいいです。

 

基本ドライヤーはしなくても構わないのですが、常在菌の急激な繁殖を抑えるために、最初は使う方がいいでしょう。

・時間はショートヘアで1分、ロングは5分

・髪から15cm離す

・地肌と髪の根元を最初に乾かす(髪を上げて下から風をあてる)

・地肌が乾いて、毛先は湿った状態で切り上げる

 

湿った毛先が乾いてから(自然乾燥)寝る方が、寝癖が付きにくいと思います。

湯シャン歴が長くなれば、髪に十分な水分がとどまりコシが出て、天然整髪料(皮脂)で髪がコーティングされるため、寝癖などは手ぐしで直ります。

 

 

湯シャンお助けグッズ

 

「湯シャンの方法」で、湯シャン開始直後に、皮脂の多さに耐えられない時にはシャンプーを薄めて使うことをお勧めしました。

ただし、今まで使用していた合成シャンプーが、薄めても頭皮にも肌にも悪いことには、変わりありません。

 

できるなら、体に悪影響のないものを使用しつつ、湯シャンにしていく方が良いに越したことはありません。

どんなものなら、良いでしょう?

 

 

私がたくさんの商品から「体に無害」「適正な価格」「不安のない販売方法」の3点で探した結果、このブログで紹介したいと思ったものは4種のみになってしまいました。

(新商品や、現在販売中の品に何らかの改正があれば、加えて紹介するかもしれません)

 

 

 

ランキング形式などで、より多くの選択肢をご紹介すべきだし、それを求める人も多いと思います。

 

でも・・・私の肌には合っても、あなたの肌には湿疹ができるかもしれません。

例えば小麦アレルギーの人が、小麦から抽出した成分が入った品を使い続けると、大惨事です。

体に関わる商品のランキングは、無意味と判断しました。

 

 

「はすまろ湯シャンお助けグッズ」

↑クリックで飛んでくださいませ

(ごめん、準備中!近日中にアップさせていただきます。ばかやろう!と思っても許して;;)

 

 

 

湯シャンに挫折してしまった人へ

 

湯シャンにチャレンジしてみたけど!皮脂過多を頑張って乗り切ろうとしたけど!

ダメだった(涙)

 

 

挫折するのは、あなただけではありません。

 

 

早い人は、数日で皮脂過多に耐えられなくなったかもしれません。

結構頑張った人でも1~2週間でやはり皮脂過多に悩んだかもしれません。

営業職や女性の多い職場、恋愛中の人は、皮脂過多時期に臭いがあるかも?と不安になったのかもしれないです。

AGA専門医ですら、湯シャン5日目で挫折したらしいので、落ち込まないで;;

 

 

 

「はすまろ湯シャンお助けグッズ」の使い心地の良さに、ハマってしまってやめられなくなった人もいるかもしれません。

 

 

それはそれで、いいです。

いいんですよ~涙

 

「はすまろお助けグッズ」を気に入って使い続けられている人は、湯シャンしている状態に極めて近い頭皮を手に入れたはすです。

 

 

毒性と洗浄力の強すぎる石油硫酸系合成シャンプーときっぱりと手を切れた人は、いつでも湯シャンに再チャレンジできる下地ができた!ということになります。

次に湯シャンにチャレンジした時は、前回挫折してしまった皮脂過多が、グッと少なくなるはずです。

 

 

いつかまた、このブログで紹介した「ゆる~く湯シャンへシフトする方法」で、再チャレンジしてみてください。

 

 

 

「はすまろ湯シャンお助けグッズ」

↑クリックして飛んでくださいませ

(ごめん、準備中!近日中にアップさせていただきます。ばかやろう!と思っても、許して;;)

 

 

 

怒っていてもポチッとして欲しい^^;

 


人気ブログランキング

 

驚異の毛髪再生研究が発表!2年後に薄毛治療に採用

目安時間:約 13分


人気ブログランキング

 

毛髪再生治療は日々研究が進み、新たな薄毛治療技術が医療現場である「育毛クリニック」に、どんどん進出してくるというお話は、私のサイトでもご紹介してきました。

 

昨日、今までと全く異なった視点から、毛髪を再生させる新たな技術が開発されたと、理化学研究所と企業からなる研究グループが発表しました。

 

 

人の毛髪から細胞を増やし「毛包」を大量に作り出す技術開発に成功したのです。

 

 

約20日間で、髪の毛一万本に相当する、約5000個の毛包を培養して作り出せるとしています。

こうしてできた毛包を、脱毛症で頭髪を失った頭皮に移植しようという、器官再生の先駆けという画期的なものです。

 

2020年から、まずは男性型脱毛症(AGA)の患者を対象に、保険適用外自由診療として「育毛クリニック」にて薄毛治療である毛髪再生治療として施術を開始できる見込みです。

 

 

免疫機能の異常から毛が全く無いマウスに、今回の研究で作った毛包を移植した結果の映像では、裸のマウスの背中に真っ黒な剛毛が、ガッツリ生えていました!

 

 

これから更なる安全性の確認作業に入るとのことです。

 

 

毛包って何?

「毛包」とは、毛穴の奥深くにある「髪の毛を作る工場部分」です。

 

髪が抜けても、また生えてくるのは、毛包が活発に細胞分裂して、髪の毛を作り出すからです。

 

男性の頭髪が薄くなる原因は大きくは二つあります。

1・男性ホルモンの一部が、毛包の細胞分裂を妨害し、その力を弱めてしまう

2・生活習慣から頭皮の毛細血管を委縮させ、毛包に届く血液の量を減らす

 

 

「毛包を工場」とするなら、男性ホルモンというヘッドハンターに優秀な作業員を大量に引き抜かれ、更に血管という毛髪の原料の仕入れルートが縮小し、原料が入手しずらくなってきたという状態になり、頭髪が薄くなる症状が出てくる、というのが男性型脱毛症(AGA)です。

 

この工場(毛包)は、毛髪を作る作業員も少なく、毛髪になる原料(血液)も少量しか入手できず、でも「受注は今まで同様にある」という八方ふさがり。

結局、従来より粗悪(細く・発育も悪い)な製品(毛髪)を、やっと製造し、なんとか受注数を確保し納品するという状態に陥ります。

 

やがて、「作業員」「原料」ともに無くなり生産を中止せざるを得ず、工場は機械だけを残して、閉鎖となります。

 

 

こうして毛髪の生産が止まって、薄毛になっていくのですね(涙)

 

 

休業しても、工場の建物や機械が壊れることなく動く状態なら、人材と原料さえ集めれば、また製品を作ることが可能です。

 

しかし、長い時間、条件が整わず使われない工場は、建物は朽ち、雨ざらしとなった機械は壊れ動かなくなり、二度と稼働しません。

この状態が、毛包が死んだ状態です。

 

 

毛包が死んでしまうと、どのような治療を施しても、二度と毛髪が作り出されることはありません。

「THE END」

 

そう、今までは・・・・・。

 

 

今までの薄毛治療

男性型脱毛症(AGA)の薄毛対策・薄毛治療において、自毛を維持する方法は3種類しかありません。

 

1・毛包を元気にする(細胞分裂を妨げる男性ホルモンに負けないようにする)

2・発毛の妨害をする男性ホルモンの一種を弱める

3・男性ホルモンの影響を受けない後頭部の自毛を毛穴ごと移植する

 

 

育毛剤は「毛包を元気にする」ことを目的としています。

 

育毛クリニックでは、内服薬で「毛包を元気にする」「発毛妨害ホルモンを弱める」の両方を試みます。

また毛髪再生治療は「発毛妨害ホルモンに負けないほど毛包を力強くする」ことを目的とします。

 

 

これらは「毛包が生きている」ことが前提であり、死んでしまった場合は打つ手がありません。

治療は不可能です。

 

 

毛包が死んでいても問題がないのは、自毛植毛です。

自毛植毛は、発毛妨害ホルモンの影響を絶対に受けない「側頭部・後頭部」の毛髪を「毛包を持つ毛穴ごと」くり抜いて、薄毛部分に移植するものです。

移植先の毛包が死んでいても、新たな毛包を植え込むので、問題なく薄毛部分は自毛で増毛されます。

かつ移植した毛包が、移植先でAGAを発症することはありません。

 

 

ただし、人間の毛穴の数は増えることはありません。

 

 

 

毛穴ごとくり抜かれた「側頭部・後頭部の毛穴は再生しない」ので、全体的な頭髪の毛量は減ったままなのです。

つまり、側頭部・後頭部から毛穴をくり抜くのには限度があるということ。

自毛植毛のクリニックでは、将来の頭髪の状態を緻密に計算して、移植限度を決めています。

 

ちなみに経験者に聞くと、ドナーとしてくり抜いた傷は、麻酔が切れた後が、けっこう痛いらしいです。

 

 

新たな毛髪再生技術はどう違う?

今回、新たな毛髪再生技術として発表された研究は、自毛植毛に近い技術と言えます。

 

しかも自毛植毛の難点と言える、2つがありません。

 

1・新たな毛包を外から持ち込んで薄毛部分に移植するので、自身の側頭部や後頭部から毛穴をくり抜かない

2・側・後頭部から移植のための毛包をくり抜かないので、その為の痛みがない

(ただし移植先の頭皮には穴をあけて毛包を埋め込むので、そこはそれなりに痛いとは思います)

 

人間の細胞から作られた「毛包」を、ハゲた部分に移植していきます。

男性ホルモンの影響を受けないよう作られた「毛包」なので、自毛植毛と同様に、一度植えられたらAGA脱毛症は発症しません。

 

まさに理想の、良いとこどり!

 

AGAの発症範囲が広い人、死んだ毛包が圧倒的に多い人に、うれしい朗報です。

 

 

新技術はどこで幾らで治療できる?

追記(2018年6月11日 加筆)

記事について、お詫びと訂正をいたします。

 

記事作成時には「治療費は未定」との発表されておりましたが、本日放送の「NHKあさイチ」の「薄毛特集」番組内にて、理化学研究所の研究者責任者と思われる人物が、はっきりと価格に言及いたしました。

 

育毛クリニックで施術する際の、治療費用は・・・

ズバリ!「2000万~3000万円」だそうです!

 

家が買えるじゃん!

超売れっ子、イケメン俳優くらいしか必要ないじゃん!

 

 

はすまろが「植毛より安いかも?」などと、いい加減な価格予測をしたことを、心よりお詫び申し上げます。

 

 

↓↓↓↓記事掲載当初のブログ原文は残しておきます。

 

「育毛クリニックで自由診療(保険適用外)」と発表されています。

 

しかし、一般的な育毛クリニックで扱うことにはならないと思われます。

当面は「自毛植毛を行っている育毛クリニック」の独占になるのではないでしょうか。

 

 

価格は単純に考えれば、自毛植毛より安いと予想します。

 

理由は2点

・ドナーとなる自毛の採取作業が不要

・できるだけ多くの人に試してもらいたいのが本音

 

 

研究者たちの次の目標は、免疫性の脱毛症の人や、ケガや火傷で毛包を失った人に使うことです。

そのためには、できるだけたくさんの症例がほしいと思われます。

 

 

言葉は悪いですが、マウスの次の実験先が「男性型脱毛症(AGA)で悩んでいる人の頭」となるからです。

 

価格が自毛植毛より安価と予想する理由のもう一つは、最新の毛髪再生治療である「DR.CYJ ヘアフィラー」が安価で提供されている現状があるからです。

 

今までは「ハーグ療法」が一番発毛も治療後のヘアサイクルの正常化期間も長いとされていましたが、この新治療法「DR.CYJ ヘアフィラー」の方が、効果が高いと感じ始めている医師も増えつつあるのです。

 

「ハーグ療法」と共に扱ったり、完全な切り替えをする育毛クリニックも出ており、価格はハーグより安価な設定です。

「多くの人に試してほしい」という目的で、今のところ最低価格に近い価格設定の育毛クリニックが多くみられます。

 

もちろん、今後は、値上がりしていく可能性はありますが。

 

・ハーグ療法=8万円~16万円(1回の価格)

・ヘアフィラー=5万円~15万円(1回の価格)

※2018年6月現在の一般的な価格帯(クリニックによって異なります)

 

 

 

ただし、今回の新研究発表では「かなり手早く、多くの毛包を作れる」と語られましたが「安く作れる」とは言われていません。

 

 

勝手に見切り予測をしてみましたが、種となる毛包の価格が高ければ「わお!」って金額が付いてしまうかもしれません。

いい加減な予測で、ごめんねm(__)m

 

どちらにしても、今、悩んでいる人にできることは一つだけです。

 

 

今の自分にある毛包を、死なせないこと!

新技術である「毛包移植再生」も、移植範囲が狭いほど安価で施術できることだけは、間違いないです。

 

 

今ある薄毛治療の技術なら、最新「DR.CYJ ヘアフィラー」か「ハーグ療法」が、治療後の維持期間が長いとされています。

 

 

 

どんな素晴らしい治療技術が待っているとしても、常に進行する薄毛にとって「2年後」と言う時間は、決して近い未来ではありません。

ただぼんやりと待っていたら、もっともっとハゲちゃうだけです。

 

 

追記(2018年6月11日 加筆)

上記の記事について、再度のお詫びと訂正をいたします。

 

記事作成時には「治療費は未定」との発表されておりましたが、本日放送の「NHKあさイチ」の「薄毛特集」番組内にて、理化学研究所の研究者責任者と思われる人物が、はっきりと価格に言及いたしました。

 

育毛クリニックで施術する際の、治療費用は・・・

ズバリ!「2000万~3000万円」だそうです!

 

家が買えるじゃん!

超売れっ子、イケメン俳優くらいしか必要ないじゃん!

 

 

はすまろが「植毛より安いかも?」などと、いい加減な価格予測をしたことを、心よりお詫び申し上げます。

 

 


人気ブログランキング

カテゴリー
管理人プロフィール

管理人:はすまろ

私自身のアレルギー疾患に関連する情報を収集しています。その過程で頭皮や毛髪についての知識も得る機会に恵まれ「いわゆる一般論と事実があまりにも違いすぎる!」ということに気が付きました。疾患を持つ者として、ウソの情報に踊らされることが、どんなに傷つき、無駄なお金を捨てる事になるかも、身をもって知っています。薄毛疾患に悩む人たちのお役に立てればとサイトを立ち上げました。

しかしPCに苦悩中、牛歩でスミマセン^^;

ページの先頭へ