使い分ける!「育毛クリニック」には3種類!

目安時間:約 6分

「育毛クリニック」とは、薄毛・ハゲ・脱毛症といった頭皮頭髪の症状を改善させる治療をおこなう病院です。

医師が診察し病名を特定したうえで、毛髪の再生を目的とした医療行為で、薄毛を治療します。

 

患者に医学的に効果が認められる、内服薬の処方や発毛効果の高い施術を行い、治療するのが「育毛クリニック」なのです。

医師は必要であれば血液や遺伝子の検査を行い、治療法を決め提案し、患者の健康状態も注視して治療を進めます。

医師(皮膚科医や美容外科医)のほか、看護師、クリニック(病院)によっては毛髪診断士が治療に関わります。

 

俗にいう「育毛サロン」「発毛サロン」と「育毛クリニックは」は全く違なる存在です。

 

サロン系に医師は勤務しておらず、ゆえに病院ではないため、医学的な治療をすることができません。

大手サロンでは「監修」と称して著名な医師の名前をあげるところもありますが、それだけでは医療行為や治療はできないのです。

様々な脱毛症に対応するような記載も見受けられますが、医師なしで誰が病名を診断し治療するのか謎です。

都度のカウンセリングや施術はエステティシャンか毛髪診断士(病名を診断できる資格ではありません)が行うのでしょう。

提供される様々な施術は、すべて医療行為ではありません。

 

「育毛クリニックは、医師が診察・診断・毛髪再生治療を行う病院です」

 

「育毛クリニック」又は「薄毛クリニック」と呼ぶ病院は、そのほとんどが「美容外科」か「頭髪専門」です。

まれに「皮膚科」として薄毛治療に取り組んでいるクリニックもあります。

 

 

「育毛クリニック」には大きく分けて3種類があります。

  • 頭髪だけを専門に扱う「頭髪専門クリニック」
  • 美容に関する広範囲の施術を行う中に「育毛治療」も入る「美容整形外科クリニック」
  • 一般皮膚科に「脱毛症外来」を併設して「育毛治療」を行う「大学病院」や「皮膚科クリニック」

 

共通するのは、3つのどのクリニックを選んでも、育毛治療は「健康保険適用外」だという事です。

その医療費は患者の全額負担です。

 

男性型脱毛症AGAは「痛い」「かゆい」といった耐えがたい症状が全くなく、命に別条がないことから、その治療に関して健康保険は適用されません。

そのような事情から分類は「美容」になります。

歯並びを美しくする矯正歯科や、美容整形と同じ扱いです。

 

では、最初にあげた3種類の「育毛クリニック」の違いを確認してみましょう。

私としては「頭髪専門クリニック」と「美容外科クリニック」に大きな違いはない気がしています。

発毛・育毛という部分では、皮膚科クリニックが現状維持に特化、他の二つは一歩進んだ毛髪再生治療も行います。

 

頭髪専門クリニック

頭髪に特化しているクリニックの方が専門性が高いのではないか?とも考えられます。

クリニックによって、行っている発毛治療の内容は異なりますが医学的な根拠のある治療を行います。

皮膚科・美容外科の両方の角度から発毛治療を行います。

内服薬や外用薬(塗り薬)による毛髪の現状維持治療のほか、毛根に直接働きかける毛髪再生治療を受けることが可能です。

脱毛の原因がAGAではない場合は一般皮膚科の受診を勧められるケースもあります。

 

AGAに関する検査や治療は健康保険適用外です。

 

美容整形外科クリニック

脱毛や美肌の治療を行うため、その方面からの経験と知識が育毛にも役立つのでは?とも考えられます。

こちらも、クリニックごとに医学的根拠のある独自の発毛治療を行っています。

皮膚科、美容外科の両方の角度から発毛治療を行います。

内服薬や外用薬(塗り薬)による毛髪の現状維持治療のほか、毛根に直接働きかける毛髪再生治療を受けることが可能です。

脱毛のAGAが原因ではなかった場合は一般皮膚科の受診を勧められるケースもあります。

 

AGAに関する検査や治療は健康保険適用外です。

 

皮膚科クリニック(脱毛症外来)

「大学病院の脱毛症外来」であれば、脱毛症全般の治療科学の最前線にあるといっていいでしょう。

ただし「脱毛症外来」のある大学病院は非常に少ないです。

AGAの特徴と異なる症状に思える場合など、他の皮膚病を疑うケースでは、心強い存在です。

 

育毛・発毛分野では「日本皮膚科学会のAGA治療指針」にのっとった治療を行います。

そのため、ミノキシジル外用(塗り薬)、フィナステリド内服(DHTの活動を抑える)が中心です。

AGAの進行を止め、頭髪を守る、治療となります。

薄毛治療薬は、使用をやめると、ふたたびAGAの進行が始まります。

 

また個人病院でAGAを診るところも少数ながらあります。

事前にAGA治療が可能か、ご確認ください。

 

通常健康保険適用可能な一般皮膚科でも、AGAに関する検査や治療は健康保険適用外です。

 

 


人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
管理人プロフィール

管理人:はすまろ

私自身のアレルギー疾患に関連する情報を収集しています。その過程で頭皮や毛髪についての知識も得る機会に恵まれ「いわゆる一般論と事実があまりにも違いすぎる!」ということに気が付きました。疾患を持つ者として、ウソの情報に踊らされることが、どんなに傷つき、無駄なお金を捨てる事になるかも、身をもって知っています。薄毛疾患に悩む人たちのお役に立てればとサイトを立ち上げました。

しかしPCに苦悩中、牛歩でスミマセン^^;

ページの先頭へ